HOME > 講座案内 > 

電気通信主任技術者とは

講座一覧

  • 電気通信主任技術者とは
  • 試験概要
  • 現場の声
  • 講師紹介

電気通信主任技術者とは

電気通信事業法では、電気通信事業者は電気通信主任技術者を選任して、電気通信設備の工事、維持、運用に関する事項の監督にあたることを義務付けています。
すなわち、電気通信事業者は、電気通信主任技術者の資格を持つ者を社内に確保しておく必要があります。
企業側も社員に対して電気通信主任技術者資格取得を勧めることが多く、社内規定でも優遇していることが多いようです。
例えば、本資格を取得していることが該当する社内資格(主任技師等)の最低条件にしたり、給与面でも技術手当て等の優遇策をとっています。

シカクのヒカク

電気通信主任技術者

電気通信主任技術者資格は、電気通信事業法に基づく国家資格です。企業でも本資格を持つ担当者を優遇していますので、まさに担当者の社内地位向上、給与面での改善につながる資格です。
現在の電気主任技術者試験の内容は、インターネット時代やユビキタス社会への変化に対応し、参入規制やサービス提供に関する規制を緩和する流れに沿ったものです。
今後の情報化社会の更なる発展に寄与し、かつ競合他社との競争に打ち勝つためには、本資格を是非とも取得したいものです。

仕事の内容(操作範囲)
顧客企業の新しい情報ネットワークの提案を行ったり、その工事の電気通信主任技術者として選任され,工事の指導・監督・管理を行います。
就業する業務
電気通信工事業を始めとして、NTTグループ、固定移動通信業、電気工事業、電力業など、幅広い業種の企業など。

ページトップへ