HOME > 講座案内 > 

工事担任者DDとは

講座一覧

  • 工事担任者DDとは
  • 試験概要
  • 現場の声
  • 講師紹介

工事担任者DDとは

電気通信工事担任者DDとは、電気通信事業法で「利用者は、端末設備や自営電気通信設備を接続するときは、工事担任者資格者証の交付を受けている者に当該工事担任者資格者証の種類に応じ、これに係る工事を行わせ又は実地に監督させなければならない。」と規定されている「国家資格」です。
工事担任者資格は昭和60年に誕生しましたが、ユビキタスネットワーク社会を支える端末接続技術を証明する国家資格として、平成17年8月1日、大幅改正されました。

シカクのヒカク

工事担任者DD(第一種・第二種・第三種)

多くの高校生も受験するDD三種(内高校生約4,500)や、情報通信ネットワークの構築を行う企業の担当者が受験するDD一種、DD二種があります。
これらのうちDD一種は、ブロードバンド・インターネット等デジタル伝送サービスのすべての工事を担当できますので、企業でも積極的に受験に取り組んでいます。

仕事の内容(操作範囲)
デジタル伝送路設備(デジタル信号を入出力とする電気通信回線設備)に端末設備などを接続するすべての工事
就業する業務
電気通信事業および通信設備工事業、電気設備工事業、通信機器販売業など。利用者のネットワークや端末設備を、光ファイバ網などの情報通信インフラに接続作業およびその接続工事を行う上で必要とされる設計・施行・安全・運用・保守面の管理を行います。

ページトップへ