HOME > 講座案内 > 

第三種電気主任技術者とは

講座一覧

  • 第三種電気主任技術者とは
  • 試験概要
  • 現場の声
  • 講師紹介

第三種電気主任技術者とは

電気主任技術者(電験三種)の資格を有していれば、電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物(電気設備等)の工事、維持及び運用の保安の監督を行うことができます。
第一種電気工事士は工場、ビルなどの最大電力500キロワット未満の電気工事のみ行うことができるのに対し、電験三種は工場、ビルなどの電気設備で義務づけられている保安監督を行うことができます。
電験三種の資格があれば、第一種・第二種電気工事士の技能試験が免除されます。


仕事の内容(操作範囲)
電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物(電気設備等)の工事、維持及び運用の保安の監督。
就業する業務
ビル電気設備管理・電気工事、電気保守の専門会社・工場での機械・設備の保守管理・発電所等での電気設備管理


シカクのヒカク

工事担任者DD(第一種・第二種・第三種)

電気設備インフラは裾野の広い好不況の影響が少なく安定した分野で、多くの需要があります。さらに上位資格である電験二種、電験一種を取得すれば希少価値的存在となり優遇されます。生涯学習の一環として自分の財産となる国家資格となるでしょう。

ページトップへ